Congnitive Test

認知の歪みテスト

「認知=物事の捉え方」には人それぞれ「歪み」があるとされています。認知の歪みとは、同じ出来事に遭遇した際に、歪んだ捉え方をすることで、自分の気持ちが不安になったりイライラしたり、ネガティブなものになることを指します。多少の歪みは個性ですしそこまで日常生活に支障はありませんが、強度な歪みは時に自身を苦しめます。まずは自分の認知の歪みを把握することからはじめましょう。

※あくまでこのテストは自分自身を苦しめる思考の歪みを判別する手助けとなるものです。多少の歪みは誰しも持っていますし、強い歪みがあったとしても他人と比較して落ち込んだり、自己否定する必要はありません。